タグ:さだまさし ( 2 ) タグの人気記事

なんとなく、なんとなく



a0121672_15095361.jpg














久しぶりにディック・フランシスのシッドハレーに会った
6月に読んだ本 もう少しあったかもしれない
楽しんで読んでいるだけだから、ためになる ということのない私の本読み

まっさんの本を読みながら、
あれ、これ前に読んだことがある で
本棚にあった
まぁ、忘れることの上手なこと 
とは言うものの実は私、記憶力はいい
何十年前のいやな目に会ったこと、画像として覚えている
その時の情景まで目の中にある
大切なことはコロッと忘れちゃうのに、
心に傷を負った時のことは、忘れない、  
言い換えれば、執念深い
まぁ、こんなことはどうでもいいことなんだけど

少し前に、自分は偽善者ではないか?
偽善をしていないか?自問をした
こうあるべき をいつも言い聞かせて
不本意なことでも、仕方なくやって来た
それが『私』になってた
本心からの行動でも、嘘でも、
善は善なのだ
これを、昨夜まっさんがコラムの中で言ってた

友【と思っている方】の記事で
折り合いをつける   という言葉を見つけた
長年、折り合いをつけてばかり生きてきたこと、
この折り合い って言うのが、私の偽善じゃないか?
と思ったりして、折り合いをつけないで今後生きていこう、
わがままを言って生きよう 【長い間、こればかり言ってるような気がするけれど】
数日、考えてた。
でも、やっぱりできない
意気地がないんだわ
私がしなきゃ、私が我慢すればいい、こんな言葉なんて言えない
それを、私はしないよ、我慢もしないよ、言いたいことは言うわよ 
理不尽なことだって言ったりしたりするわよ
なんて無理

後先を考えず、周りの迷惑を考えず、
内緒で最初の大学を退学した
反対を押し切り結婚をした
若いころは自己主張ばかりをしてたのにね
40年近く、胸の中にいろんなことをため込んじゃってたから
彼の家族と離れた途端、身体壊しちゃって、不自由になっちゃった
慣れないことは身体に悪いのかも

心の中では偽善だとしても
それで周りが良ければ、もしかしたら、善だったのかも
そう思ったら、なんだか妙に頷いてしまって
気持ちの赴くままに生きていいんだ
無理に自由なんて求めなくていいんだ
周りが幸せならいいんだ
これが私なんだ

さぁ、
身体鍛えて、動かして、気儘に、無理せず、焦らず
仕事に家事に縫い物、楽しむワン
本読みは楽しい







by nunokichi | 2016-06-25 15:19 |

かすていら

a0121672_23070589.jpg



















さだまさし様著 『かすていら』

ほとんど同じ時代を生きてきた私
わはは ふふふ 目頭が熱くなったり
楽しく読ませていただいた

頑固だった父との思い出
ページをめくりながら、同じような光景を思い出した
幸い、さだ家よりは少しは経済的にましだったとは思うけれど
戦後10年15年だもの、
まして、長崎だし、兵庫の田舎町だもの
よほどのお大尽でない限り、暮らしは似たようなもの

そういえば父も車好きだったなぁ
別段変わったものではないけれど
マツダのクーペに始まって、最後はブルーバード
2年ごとに買い替えるのだから、母も大変だっただろう
4輪の前はスクーターだった記憶がある
前に私、後ろに姉 3人で近くにできたばかりのプールへ行った
小学校に上がる前だったと思う。

『かすていら』を読みながら、
私が行くまで待っていてくれた父の最期を思う
最期までお父さんでいてくれた父
ありがとう
ただただ、ありがとう

血の気が多い所もあった
運転が好き、でも結構あらぽっかった
神戸で車と接触して【父の方が悪かった、と自分でも申しておりました】
相手に怒鳴り散らしたらしい
ところがその相手というのが、何とか組の方がた
すぐさま母の兄に連絡 叔父は古物商で顔も大きかったが、付き合いも広かった
なんと、菓子折りを持って謝りにいらした。。。。何とか組の方がた
その叔父も多額の負債を母に残して逝っちゃった 
父がすべて処理した
まっさんのお父さんと重ねて、あのころはのんびりしていたのだなぁ 
お金がなくても、生きていけた時代・・・・なのかな

癌末期で、本人に告知するかどうか姉が相談をしてきた時、
私は言うべきと答え、
姉は一緒に暮らす者としては知らせたくないと
主治医に相談をした ほぼ父と同年代、
『戦争に行ったものはな、あんたたちが考えてる以上に(なんといわれたのか忘れたが)
~~なんや、 多くの死を見てきてるんやで、ちっとも弱いことなんかあらへんのや』
『自分のことやからな、お父ちゃんも知りたいし、知っとかなあかんのとちゃうか』
『私やったら、知りたいと思うで』
末期 というのはさすがに言えなかったけれど
それから3年生きてくれた(おねぇちゃんも お疲れさんやった)

読みながら、あぁ、父もこうだった、ああだった
たくさんたくさん、父のことを思い出した
今頃、『~~ちゃん、たまには会おうな』って言ってるかも
それじゃぁ、夢に出て来てくれなきゃあかんよ おとうちゃん




by nunokichi | 2016-05-26 23:10 | | Comments(6)

本と縫い物とわんこ


by ぬのきち
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31