ぬのきち nunokichi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

本と縫い物とわんこ


by ぬのきち
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

病院との縁が深くなるばかりのこの頃
整形外科、内科、整骨院、鍼灸院 
大体が病院に行くのは切羽詰まってからでないと行かなかった
持病は多いが、我慢の限界までは耐える・・・

65を過ぎてからは我慢の限界点を超えたらしく
あちこち故障が出て、今や病院通いのばぁさんに成り果てた

でね
一昨日の内科の先生・・・・・・
吐き気と眩暈と動悸、どの科を受診していいのかわからないので
総合病院へ行った
いろいろ問診票に記入したら、内科に行ってくださいとのこと
8月に入ってから2度の血液検査の結果も持参していた
整形の投薬手帳や、それまでの夜間診療、内科での受診記録も持参
若いお医者様でしたよ
お入りくださいから、では検査を受けてください まで、
こちらの顔をご覧になったのは一度だけ
『やい、お若ぇの !!  未だパソコンには何もデータは入ってないぞ!!』
吐き気で気持ちが悪い と訴えているのに、触診も無し
またぞろ、血液検査と心電図
待つこと2時間ほど
再度呼ばれてからは、お顔は拝見いたしましたが、
血糖値が少し高いほかは血液検査には異常ありません 
  【 あほか 1週間前のを見りゃわかるだろ 133.png 】
PCを見て、胃薬を処方して、はい、お疲れ様
結局、吐き気、動悸は収まらず、眩暈もそのままで
エアコンの風がきつくて、風邪をもらって来ただけ

どうなのでしょうねぇ
腰痛が始まってから、4件目の整形外科ですが
最初の総合病院でも、一度も身体に触れないお医者様でした
ひたすらPCを見ていらした
2件目は、鎮痛剤を出して、リハビリ室に放り込まれて約1か月
3件目も大体同じ・・・・ここではちょっとだけ腰に触れていただいた
今の整形で初めて先生が腰に手を当てられたことと、
リハビリがしっかりしているので、今の所は通っているが
サプリメントの多さに辟易している

手当
というのは、手を当てて患者を診る
という意味だと思っていたが
昨今の手当というのは、おあしなのか、準備なのか・・・・

癌とか大病はお医者様にかからなければいけないだろうけれど
自分で直さなきゃ、病院では治らない
と実感した次第
そりゃねぇ、若いお嬢さんじゃなく、こんなばぁさんの身体
できれば触りたくないわよねぇ
と、こんな嫌味も言いたくなるじゃぁありませんか


チェリーセイジ 花と葉の色の対比がかわいくて好き
a0121672_13474708.jpg
















小さい方のラベンダーの鉢、かわいい
a0121672_14061801.jpg




# by nunokichi | 2017-08-31 13:59 | 独り言

又一つ歳を重ねた8月
どんどん、ばぁさんになっていくのね

とまぁ、世間の66歳よりはずいぶん身体機能の劣る『ばぁさん』だけれど
悲観していても仕方がないし、
夜8時からの時間を持て余しの【ためにならない、娯楽の】本読み
最近は、今更ながら藤沢周平さんを読み返している
若いころに読んだはずなのに、すっかり忘れているの
それで、すっかり忘れていた作家 藤原伊織、
20年ほど前に読んだ「テロリストのパラソル」 良かった という記憶だけ
すっかり忘れちゃっている

古本屋にあった伊織さん、みなさん連れて帰って来た
a0121672_20201410.jpg
















こんなにあって864円 ♪ ♪
雪が降る、てのひらの闇、ひまわりの祝祭は読み終えた
テロリスト~~は今夜から ♪ ♪
テンポが良くて、優しくて、好きな作家です。

古本屋には行けるけれど、本屋さんには行けない【歩行距離が長すぎるの><】
だから
古書店さん紹介の本、アマゾンから取り寄せた

a0121672_20203400.jpg
















鉢植えのハーブ、わんさかわんさか、茂っているし
それにね、自律神経の調整自分でできないかしら・・・・なんて
専門家みたいじゃない??

a0121672_20204319.jpg





























ついでにロンロンママの本も^^
これは今の私にはちょっと酷だったみたい

漢方薬主体の病院に変え、週一度1時間余り運転し、
福岡の東から西へ リハビリに通っている
良くなっているのだか、現状維持なのか、はたまた悪化しているのか????
何かしていないと気弱になってくるから
腰痛用のDVDまでポチっちゃいました 













# by nunokichi | 2017-08-24 20:42 |


日曜日、朝6時に家を出て
母に会ってきた

数日前から、貧血がひどく、言葉が出なくなっていると
姉から連絡を受けたのが木曜日だったかな・・・・
私は、月曜日だったか、火曜日だったか夜に眩暈がして
夜間病院に駆け込んだばかり
はて、
実家に行くだけの体力があるだろうか? 
途中で倒れちゃわないかしら?
痛い足を引きずりながら、でも、会いたい
亭主が付いてくると言ってくれた
『ありがとう、とうちゃん』

親友に駅まで迎えに来てもらい
10時半ごろには施設の母の所へ

おかあさん、~~coやで 
微笑んでくれた うれし

2時間ほど話をし【一方的にじゃべくりまくった】
仏様にお参りし、姉夫婦と友と一緒に食事、姉と別れて友とお茶
又、母の所へ
5時に『また来るからな、ご飯ちゃんと食べてな』
抱きしめて、抱きしめて、抱きしめられたような気持で、帰ろうとしたら
ありがとう・・・・はっきりとは言えないが、振り絞って言ってくれた
涙がでて、涙が出て、でも見せてはいけない・・・・
母も涙を浮かべてた
会うたびに最後かもしれない
そう思いながら帰ってくる

帰ってきたのは10時過ぎ
疲れているはずなのに、気持ちが落ち着いている
ずーっと気にしてたんだ私

昼食の後、友がお茶飲みに行こうと連れて行ってくれたのが↓
外観は・・・・ちょっとへんてこりんだね と私
a0121672_20321844.jpg
















店内は
古い、なつかしい建具を再利用


a0121672_20320329.jpg

















a0121672_20334035.jpg

















a0121672_20314803.jpg

















喫茶店というところには、普段行かない
いつもポットを持ち歩いている夫婦にとって
大げさかもしれないけれど、豊かなひと時
カップ2杯は入りそうなポットにコーヒーを好みの濃さで煎れてくれる
~~coにはこんな時間が要るんだよ、と友

母は昨日より元気だと姉から連絡
言葉が出始めたという
おかぁちゃん、わたし、子薬や 

# by nunokichi | 2017-07-31 20:55 | 独り言

なんやしらんけど、このごろえろう歳とってしもうて
ボケたんとちゃうのかな  
そや、ブログなんてものも書いとったんやわ

仕事してても、なんやエクセルもイラストレータも
思うように動いてくれへんし
朝の間はボーとしてるし、ご飯の用意も
あぁ、もうこんな時間や、何つくろ??
わたし、ボケ始めよるのかいな

おねぇちゃんから電話があったん・・・・
実家からの電話はギョッとするんよ、
なにせ96歳のおかぁちゃんがいるんやもん
『おかぁさんな、薬止めたら元気になって、最近はいつも起きて待っててくれてるんよ』
『神経科の薬、あれでいつも寝てはったんちゃうやろか』
『しょうの悪いことも言えるようになったん、
気の強い清子さん、再来や』

うん !!!!!
なんや、そういうことやったんや
神経痛の薬飲み始めて3カ月あまりたってたけど
早速薬止めた
エクセルもイラレもすいすい動くやん
ご飯も計画どおり、とはいかないまでも一応、まぁまぁ

ただ、痛い、
痛い痛いと言うの、悪いな、ごめんな、
そやけど、やっぱり痛いねん
痛いと何も食べとうないねん
あの薬で増えた体重【とにかくボーとしてて食欲だけはあったん】
元に戻ってしもうた
どないでもええことあれこれ悩むのが熟女なんですわ

昨日は久しぶりにジーン連れて海に行った
砂の上を歩くのは出来ません
とうちゃんとジーンの後ろ姿見てただけ
嬉しそうなジーンとそれ以上に嬉しそうなとうちゃん

カメラ持っていくの忘れた  
やっぱり・・・はじめたかいな












# by nunokichi | 2017-07-09 23:47 | 日々

タイのお米?!?


息子の中国の友人は今タイの日本語学校の教師をしている
え、彼は中国人だよね
その彼が日本語学校の教師って?????
事情はよくわからないが、そういう事らしい
確かにきれいな日本語を話す
『~~coさん、ごちそうさまの意味知っていますか?』
とずいぶん昔に聞かれたことがある
幸い答えることが出来た ホッ♥

そんな彼から、今回の事件で中国に帰国してくれた時
息子にお土産と持ってきてくれたのがタイのお米
a0121672_23033423.jpg
















日本の黒米に似ている
でも、タイ米らしく細長い
炊いてみると
a0121672_23040552.jpg
















これは黒米1合、白米2合を一緒に炊いたもの
一度目は1対1の割合で炊いたら、真っ黒のご飯になってしまった
でも、おいしい、くせになるお味
あんまり黒かったので、ご飯をよそう前まで黙っていた^^
二人のギョッとする顔・・・・・おかしかったぁ ♪
亭主:『俺はもういいという感じだなぁ』
息子:『うん、香ばしい、おかわり』
で、今日1対2の割合で炊いたのが↑の画像
白米の割合が多くなったので、色は薄くなった
老化予防にいいのだってよ・・で、亭主も一応食べてくれた

五穀米は炊いたことがある、玄米も息子は食べる
農家の長男坊のとうちゃんはやっぱり、白米大好き
世界にはいろんなご飯があるね

陳君、ありがとう
ごちそうさま









# by nunokichi | 2017-06-26 23:26 | 日々