ぬのきち nunokichi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

本と縫い物とわんこ


by ぬのきち
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

柚子は九年で


葉室麟さん著 随筆集『柚子は九年で』
蜩の記を読んですっかり葉室ファンになったが
なかなか手に入れることが出来ず
【もちろん本屋さんにはある…】
柚子と『実朝の首』『乾山晩愁』 を読んだのみ

『実朝の首』は歴史の知識の記憶を紐解きながらなんだけれど
もう、もう、はるか昔の日本史【受験以来~~~】
タイトルを見て、実朝って確か鶴岡八幡宮で公暁に殺されたのよね・・・・
くらいなんだもの
史実は史実として、物語を感じる、読んでいるときが楽しい
という、私のいい加減な本読み

随筆集を読んでいると
葉室さんの真面目さ、優しさ、タフさを感じる

退職後ゆとりを持ってライフワークに取り組もうと夢を追うが
現実は困難につきまとわれる・・・けれど・・・・
『勝てないかもしれないが、逃げるわけにはいかない。できるのは「あきらめない」ということだけだ』
人生に花を咲かせ、実を結ぶためのスタートを切るのに遅すぎるということはない』
ーーーーー柚子の花ーーーー

 しかし五十歳になった時、「このままでいいのだろうか」とふと思い直した。
若いころに抱いた夢や思いを何一つ成し遂げることもなく、いたずらに歳月は過ぎ去っていく。
自分の残り時間を考えた。十年、二十年あるだろうか。そう思った時から時代小説を書き始めた。
 老いを前にした焦りかとも思ったが二度とあきらめたくはなかった。
 書き続けるうちに、懸命に過ごせば、移ろいすぎる時は豊かさを増すことができるとわかるようになった。
時間は長くなりはしないが、豊穣にはなっていくのだ。

 遅れても花は咲くのだから
ーーーーー柚子の花が咲くときーーーーー

『実朝の首』より
人は覚えていたい事だけを覚えていればよいのだ。忘れたいことは忘れればいいのだ

8月に65歳になる
夢を食う獏みたいな亭主と一緒になっちゃったものだから
生きていくのに必死、食べていくのに必死の歳月
傍らの人はいまだに夢を追って生きてる  彼の時間は多分今も豊かなのかもしれない
若いころは連れ合いが思うように生きること、それをさせてあげるのが、
【女の】甲斐性みたいに考えていたけれど、 歳をとるにつれ疲れてきた
若いころに抱いていた夢や思い、いったい何だったのだろう
それさえもわからず、歳月を過ごしてきた

人生に花を咲かせ、実を結ぶためのスタートを切るのに遅すぎるということはない
勝てないかもしれないけれど、逃げないで、あきらめないで、生きていく

さてさて、
チノパン1本縫うのに長くかかりすぎている
縫物がやりたかったことなのかどうか? わからないけれど
生きていくための仕事のかたわら、何かを探して行こう

~~~~大きすぎたよ~~~~
a0121672_20455012.jpg






 


# by nunokichi | 2016-07-28 20:54 |


褒められると、木に登ります
降りてこない場合も多々あります
でも
大体、落っことしてくれるのは亭主殿

毎度の食事も、おいしいと言われれば・・・・天まで登ります
登らせておいて引きずりおろすのが、奴の手
飲み友達の奥さんで、最近友人になった方だから
一生懸命作った布バック 

ここまでは良かった

久しぶりに布バックを作って褒められたものだから
ではでは、自分にも と作ったのが ↓
a0121672_21191909.jpg














反対側
a0121672_21194630.jpg














止せばいいのに、『どう?』と聞いてしまった
・・・・手仕事は好きかもしれないけれど、センス無いから・・・・・
持ち歩くものは作らない方がいいのじゃないか   
とのサゼッション

少し前に作った布バック
30年近く前のゴブラン織りでがま口バックと残布で小さな手提げ
どちらも農協行用
a0121672_21293718.jpg














もっと大きながま口を手に入れ、作った挙句がま口が壊れちゃったので
仕方なく解体して作り直したもの
『車掌鞄かい?  バスおばさんになるの? 』

フン フン フン だ

引きずりおろされた豚ちゃんは
ん十万円のブランドバックを買おう !! と思案中
見ておれ !!!!!
                   
# by nunokichi | 2016-07-19 21:38 | 縫物 | Comments(2)

地味


人の人生っていろいろあるんだ
こんな九州の片田舎に住んでいると、
自分の周りしか見えないし、暮らし自体が地味
兵庫の片田舎から、福岡の片田舎に移っただけだし

一応、青春は謳歌したつもりなんだけれど
今思うと、(さまざまな方がたの生き方を知った後では)
なんとも、いやはや、地味、地味すぎる
地味って・・・土地の味 ?!
うん、 地方の味そのままだ

レストランで食事・・・・年一度のご近所さんとのお食事会
旅行・・・・・・・・・・これまたご近所さんと1泊お泊り
えええ・・・っと  えええ~~~っと
それ以外、なぁ~~んにもないんだわ 私の暮らし
仕事を終えて、ご飯を食べて、週末はぐったり
これじゃ『おやじ』だよ

先週末は納骨堂の掃除、その後、『お日籠り』
氏神様を祀り、田植えが終わった後に集落みんなで会食(?)
雷さんの襲来もあって、夜中の大運動会にも付き合わなきゃならないし
疲れて、へとへと
そんなこんな地味な暮らしでも
縫いものだけは しなきゃ  ネ

主人の飲み友達の奥さんに手提げを作った
絣・・・って好きじゃない モンペならいいのだけれど
絣のがいいそうで・・・・まぁ、いいか が ↓
a0121672_14182624.jpg














a0121672_14311223.jpg














↑は裏側、 肩から掛けれるように紐をつけた

で、またまた気が付いた
色気がないんだ
作るものも、やっぱり、地味
田舎の味なんだわ


# by nunokichi | 2016-07-15 14:34 | 日々 | Comments(4)

日曜日


月初めの土日には香椎宮さんへお参り
帰りに食糧とか、日用雑貨を求め、老夫婦はワンコと家に籠る

昨日は暑かったので亭主はエアコンの下
居間【というより通路といった方がいい居間】
の端に置いてあるソファーで寝転んで本を読んでる
足元にはやはり寝転んでるワンコ 
縫い物部屋の戸を目いっぱい開けてエアコンの冷気を取り入れ
まっさんをガンガンかけて【うるさい!!との苦情もございますが・・・・】
うれし、楽し、縫い物

a0121672_14001330.jpg

































袖が大きすぎてまたまたゴムを入れた
いいのよ、農協スーパー着だもんね
刺し子糸でランニングステッチを入れようか、どうしようか

亭主曰く
『女は大変だなぁ』
??
『だってそうだろ、買い物に着ていく洋服を買いに行くんだろ?』
・・・・・・なるほど・・・・・妙に頷いた

平和な日曜日
平和な日本です
いつまでも平和でありますように





# by nunokichi | 2016-07-04 14:07 | 縫物 | Comments(2)

トホホのパンツ


幟旗を染めたパンツの型を取ったから
オーガニックの麻で作ってみた
チビデブだから、ワイドなパンツは似合わない
a0121672_21324736.jpg































裾にゆるくゴムを入れてみた
上は同じ生地でT ブラウスを作るつもり 

幟旗のパンツ
型を取ろうとしてあちこち触っていたら
指が真っ青 
洗っても、洗っても、色が出る
色が出るから、本体はハゲチョロケ~~~~のよれよれ
とても着る気にはなれない
なにせ、何年かぶりの服購入【そんな大それたものではないけれど】
衝動買いだから、仕方がない
骨董市を楽しんだのだから
と言い聞かせるけれど
色が出るから、パジャマにもならない

柿渋で染め直そうか?
手をかけるだけ・・・・・無駄?!
トホホなパンツとして、額に入れておいた方がいいのかも






















# by nunokichi | 2016-07-01 21:48 | 縫物 | Comments(2)